読書で国語の読解の力を伸ばすことばの学校【ことばの学校とは?】

0120346149

教室に導入したい方

受講生 MYページ
会員専用ページはこちら

パートナー塾
専用ページはこちら

ことばの学校とは?ABOUT

朗読音声のサポートにより、読書に集中、読書速度もアップ。
あらかじめ選ばれた「良書」をたくさん読むことができます。
結果、語彙力と表現理解力がアップし、国語力が高まるプログラムです。
ことばの学校では「読むとくメソッド®」と呼んでいます。

PCで再生した朗読音声を聞きながら、音声にあわせて読書をしていきます。

  • ・PCで再生する音声は、専用の倍速変換ソフト「高速リスニング」で、徐々に倍速を上げることができます。
  • ・専用の倍速変換ソフトで0.5~8.0倍まで速度を変動させることができます。

プロのナレーターが読上げた朗読音声を、1人ひとりの最適な速さで聴きながら、音声に合わせて黙読していきます。

本を楽しんだら、読書の前後で取り組む
「読書ワーク」で、本の中に出てくる語彙・表現を効果的に学んでいきます。

子どもたちと読書

「もっと読書に親しむようにする」と回答した人が61.1%「読書」とは、本来、人間として、教養、見識を深め、見聞を広げるためのもの、もしくは、趣味・興味として、精神を豊かにするためのものです。では、子どもたちにとっての読書はどんな意味をもつのでしょうか? 学校教育法 第二十一条 五には、「読書に親しませ、生活に必要な国語を正しく理解し、使用する基礎的な能力を養うこと」と謳われています。また、平成13年に施行された「子どもの読書活動の推進に関する法律」の第二条では、「子ども(おおむね十八歳以下の者をいう。以下同じ。)の読書活動は、子どもが、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものである」としています。
さらに、平成19年度文化庁が実施した「国語に関する世論調査」の結果で、「自分の国語力を向上させていくために,どのようなことをしたいと思うか」という質問に対して、「もっと読書に親しむようにする」と回答した人が61.1%に及ぶ結果が出ています。

では、現代の子どもたちの読書を取り巻く環境はどのようになっているのでしょうか。学校の宿題、学習塾や習い事のほかに、テレビ・DVDなどの視聴、携帯ゲーム、友だちとの遊興時間などなど、ある調査期間の調べでは、1日の読書時間は、小学生から高校生までほとんど差はなく、平均して20分程度しかありません。

読書の重要性をわかっているものの、上述のとおり多忙な現代の子どもたちにどうやって読書に向かわせればよいのかは、ご家庭、学校、教育に携わる民間機関、すべてに共通する悩みの種なのではないでしょうか?

お問合わせ

  • 受講生・保護者様の声
  • 加盟校を探す